scroll me

Factory

ソファ職人と木工職人

  • HOME
  •  > 
  • FUNITURE
  •  > 
  • SOFA
  •  > 
  • KIWAMI SOFA
  •  > 
  • FACTORY

極ソファに携わる熟練の職人達の
妥協を知らない魂の工程

無垢ソファを手掛ける木工職人と
フルカバーリングソファを手掛けるソファ職人のこだわりをご紹介します。
SOFA FACTORY

ソファ職人のこだわり

極ソファの究極の座り心地をつくるのがソファ職人のこだわりの素材と徹底したクオリティの追求。全てに妥協を許さないその姿勢は、その他のソファを圧倒し、日本の家具業界を牽引するハイクオリティソファを生み出します。天然素材を扱う分、その都度、中身の羽毛の量やウレタンの厚みを変えながら長年の経験を基にソファ作りをしております。そのこだわりの中身をご紹介いたします。

COMMITMENT

こだわりの構造体と中身

1・ハンガリー産マザーグースの

クッションの中身に高級羽毛布団と同じフェザーを使用。ソファ1台あたり約12kgものフェザーを使用しております。中国産のダックのフェザーと比べ、復元力が違い、上質なフェザーは空気を含み、ジッパーを開け空気の入れ替えをするだけで、ふっくらとした購入当初のようなクッションに復元し上質な座り心地を保てます。

2・耐久性抜群の高密度ウレタン

1?50Kg~75Kgもの高密度ウレタンを2、3層に重ねて使用しております(一般のソファは20~30kg程度)。非常に耐久性があり、10年以上使ってもヘタリがみえてきません。耐久性だけでなく、体全体をしっかりと受け止め、耐圧分散性が抜群で違和感のない上質な座り心地を実現しております。

3・最高級イタリア製ウェービングベルト

1本20kgの力で縦・横に約30本のイタリア製ウェービングベルトを職人の手により丁寧に張り込まれます。通常はポケットコイルやSバネと言った金具が使われるのですがウェービングベルトを使うことによってクッション性に優れ、長時間座っても疲れず、底付き感のない座り心地に仕上がり、極ソファの要となります。

4・建築並みの頑丈な構造体

カバーリングソファの中身の構造は、使用上の一番負荷が掛かる部分にアルダー材やメープル材といったダイニングテーブルなどに使う無垢材を使用しております。そしてそれらの構造部材を建築用の太いボルトでしっかりと固定し、人が触れるであろうところは角が立たないように手作業で丸みをとっていきます。

5・お求めやすい替えカバー、丸洗いも可能です。

極ソファでは全てのタイプがカバーリング仕様でドライクリーニングで丸洗いが可能です。カバーはイタリア製の上質な生地・約200種類からお選びいただけます。そして長く愛用いただけるように替えカバーの価格を利益を考えずにお求めやすい設定(全体の金額の6分の1程度)にさせていただいております。

6・こだわりの縫製と裁断

縫製は2本針4本糸のロックミシンで細部まで丁寧に仕上げていきます。ほつれが出やすいファスナー部分は「かん留め」と呼ばれる縫製でかけほつれにくくするなど、縫製技術もトップクラス。裁断も一枚一枚生地によって伸縮率や素材も違うので一つのソファでも数パターンの型紙を用意し、生地に合わせて裁断します。

ソファ職人のこだわりピックアップ

腰痛の方へおすすめ!腰サポートウレタン

『 好みに合わせて選べる背クッション。 』

極ソファでは背クッションの種類が大きく分けて「サンドイッチ構造のホールドクッション」と「腰サポートクッション」の2種類があります。ホールドクッションはウレタンを中心に両サイドから羽毛で挟み込む構造で、ウレタン自体が大きいので肩からホールドされ、体全体をサポートします。腰サポートクッションは羽毛をたっぷり入れてクッションの裏側の腰が当たる位置にのみウレタンを入れます。体全体を羽毛で優しく包み込む中で腰のみを高密度ウレタンがしっかりとサポートするので腰痛の方でもしっかりと座れます。
ホールドクッション
腰サポートクッション

驚異の耐久性!高密度ウレタンの力

『 新幹線のグリーン車でも採用してます。 』

上でもご紹介しました耐久性抜群の高密度ウレタン。実は新幹線のグリーン車でも採用されております。新幹線は一日に不特定多数の大人数が乗り降りをし、その中でへたる前に15年置きにウレタン交換が行われます。これをご家庭に置き換えると、家族単位でしか使用しないソファですので15年以上はへたりがみられずに使用できるのが想像できます。
また、アーム部分や本体の側面など、人が触れるところ全てに高密度ウレタンを張り、使う場面の想定や使う人の事を考え製作しております(右図)。
新幹線のグリーン車でも採用されている耐圧分散性が抜群な高密度ウレタン。
手が触れるであろう箇所には高密度ウレタンをしっかりと巻き込みます。

全てはお客様の為に!替えカバーの価格設定

『 お求めやすい替えカバー。 』

極ソファの替えカバーの価格設定は非常にお求めやすくなっております。一般のソファの場合は本体価格の約3分の1の価格に対して、極ソファの場合は本体価格の約6分の1の価格になります。木枠に至っては生地量が少ない為、本体価格の約9分の1の価格になり、非常にお求めやすくなります。一生お使いいただく上でも替えカバーの価格は非常に重要になっていきます。
また、お求めやすい価格とはいえ、生地自体はイタリア製の上質な生地を使用しております。私達の利益をのせず、メンテナンス性を考慮し、お客様が長くお使いいただけるように努めております。
ラグゼ / W1800 本体価格¥429,000
Aランク替えカバー¥45,000
アレグリア / W2100 本体価格¥409,500
Aランク替えカバー¥69,000

搬入の心配なし!安心のアーム分解式

『 憧れの大型ソファ諦めてはいませんか? 』

ソファを購入する際に心配なのが搬入経路。戸建ての2階の設置でまわり階段で天井の高さが低かったり、マンションのエレベーターが小さかったりと色々な弊害は出てきます。そんな時に極ソファのフルカバーリングソファに限ってはアームの分解が可能になります。W2000のソファでも両肘分解でW1700ぐらいにはなりますので、まわり階段やエレベーターでも楽々搬入が可能となります。
左図の様に、いったんすべてのカバーを外し、ソファの背面にマジックテープで留まっているフタを外します。中にアームと本体をジョイントしているボルトがあるので、これを取り外すとアームが分解できます。
カバーを外した状態です。
ここからアーム分解できます。
WOOD FACTORY

木工職人のこだわり

広島県府中市の「 婚礼箪笥 」の生みの親、日本の技術の根源とも言える老舗工房が手掛ける無垢ソファ。最高品質FASランクのウォールナット材を余すところなく使い、また、その良質な材料を約30年という時をかけて集め、何十年も寝かせ、最高の状態になった材から作り上げるソファは、ある意味アンティークであり日本の最高の技術を終結させた名作でもあります。人々を魅了し、使うことに価値を感じられ、伝統的でありながら最先端をいく、ソファの領域を超えた本物のソファです。

COMMITMENT

最高の素材と最高の技術

木材最高ランク、FASグレード

FASランクとは傷や節が極力少なく、1枚の板に対して83%以上家具に使える材料のことを言い、非常に綺麗で価値があります。現在、日本では節あり材が多く出回っている中、極ソファの無垢ソファでは全てこのFASランクのものを採用しております。見えないソファの座面の下にも使うこだわりようです。
惚れ惚れするウォールナットの美しい綺麗な木目。節が入ってなく本当の木の良さが伝わってきます。
肘、背中、脚、全て職人が綺麗な木目を厳選してるのでどこから見ても美しい木目が楽しめます。

婚礼箪笥職人の技

日本の家具業界を支えた府中の婚礼箪笥職人。その伝統的な技は婚礼箪笥にとどまることなく、木の組み方や接着方法、木目の見せ方まで、無垢ソファのいたるところに散りばめられております。その頑丈な作りや材料の品質からみて『次世代に受け継ぐソファ』と言っても過言ではありません。

かなりの耐久性を持つ極ソファのウッドフレーム。それはいたるところに婚礼箪笥職人の技術が散りばめられております。規格で決まっている試験はもちろんのこと破壊試験という家具を壊す耐久試験もクリアしています。まさに一生お使いいただけ、次世代にも受け継がれるソファです。

婚礼箪笥職人の技

30年という時間をかけ集めた無垢材の数々。現在では非常に希少価値の高い良質なブラックウォールナットや北海道産ミズナラが大切に保管されております。また、どれも無垢材の厚みが8/4インチ(約50mm)の分厚い材料がほとんど。現在、良質な材料がない時代と言われているなかでの最大の強みのひとつです。
写真は倉庫のほんの一部分です。他にも違う場所に倉庫がたくさんあり、同じように材料が綺麗に保管されております。
貴重な材料がたくさん眠っており、写真に出ている材料は北海道産のマカバで現在はほとんどとれない材料のひとつです。

木工職人のこだわりピックアップ

究極の木目選び

『 極ソファALMAの究極の木取り風景。 』

熟練の木取り職人が極ソファ・アルマのアームで使える材をFAS材のバンドル(無垢材が束ねられたもの)の中から選別していきます。基準としては天に上るような美しい木目と木の幅の大きさです。傷があるもの大きな節、木目が小さいものは除外していきます。最終的に90枚近くある板の中から1割程度しか作ることができません。そんなアルマソファの木取り風景をご紹介します。
  • 1幅がランダムな約90枚近くあるFAS材のバンドル(無垢材の板の束)を熟練の職人が選別していきます。
  • 2全て約50mmと分厚く1本の丸太から4枚しかとれないほど希少さで、この材料でしか極ソファのウッドフレームは生まれません。
  • 3熟練の木取り職人が一枚一枚丁寧に選別をしていきます。この選別は工場の中でもほんのわずかな職人にしかできないのです。
  • 4このように木の板にアームの型をあててマーキングをして木取りをしていきます。この型の幅以上ないとアームが作れないという事です。
  • 5選別された材は別の山に分けていきます。人の目で見て丁寧に作業をしていくので相当な手間と時間がかかります。
  • 6選別した板の中でも、仕上げていく時に節がでることもあります。上図の白い点は節がでそうな箇所です。職人の長年の経験で判別できます。
  • 7こちらが選別されアームに使える厳選による厳選の材の山です。最初の山に比べて約1割ほどしかとれないのです。
  • 8完成したアルマのアームです。天に上るような美しい木目が正面から後ろにかけてつながります。まさに職人の極みです。

無垢ソファの最大の魅力

『 間仕切りにも最適な爽快な後ろ姿。 』

無垢ソファの最大の魅力と言っても過言ではない「後ろ姿」。空間の格調を上げるとともにこだわりを感じさせ、コーディネートの中心として活躍。最近の住宅ではソファを間仕切りとして置くような間取りが多く、ご好評をいただいております。

『 抜け感のあるデザインで圧迫感を軽減。 』

フルカバーリングのソファと比べ、横から見た時の圧迫感が違います。アーム越しに向こうの景色が見え、風が通るような「抜け感」があります。リビングのスペースがあまりとれないという方、圧迫感を軽減できる無垢ソファをご検討してみてはいかがですか?

SERVICE

極ソファは10年保証いたします。
また、各種サービス内容も充実しておりますので、ご購入時、ご購入後も安心してご利用いただけます。

KIWAMI SHOP

極ソファショップ・ショップインフォメーション。
靴を脱ぎ、ご自宅感覚でリラックスしながらソファをお選びいただけます。是非一度お越しください。
  • 極ソファショップ東京

    営業時間
    11:00 ~ 19:30
    定休日
    火曜日(祝日営業)
    電話番号
    03-3781-5080
    E-mail
    駐車場
    3台分有り
page
top