極ソファ,AUTHENTICITY,無垢家具,高級ソファ

ウッドフレームソファをご検討中の方へ

数年前までは少なかったのですが,最近ではとても多くなってきたウッドフレームソファ。
当店でも沢山のモデルを展示しております。

多くのウッドフレームソファが有る中で,様々なお店を廻られて検討されてる方も多いと思います。
デザインだけで選べれば簡単ですがソファは座る物。
座り心地や耐久性,メンテナンス性も気になるところです。
極ソファはウッドフレームタイプもデザインだけでなく中の素材などもこだわり製作しております。

今日は,ソファと製作工程を簡単にご紹介させて頂きます。

極ソファ ALMA 2Pカウチ 無垢ソファ ウォールナット

SOFA B-2 背面 ウォールナット無垢ソファ


『極ソファ ALMA』

当店資料やHP内でも多くの写真が出てくるALMA。
極ソファの看板モデルと言っても過言では無いほどインパクトの有るモデルです。
「この後姿が忘れられず・・・・」と数年越しで来店しお求めになられる方もいらっしゃる程です。

極ソファ背中 蟻り組 

極ソファアーム アップ


この迫力ある後ろ姿を実現しているのが,この『大蟻組』という木組みの手法。
1~2センチ程度の小さな蟻組は箪笥の引出などで使われておりますが,
こんなに大きな組みをしている家具は見たことが有りません。
伝統的な技術を用いる事で,強度を出し,意匠性を損ねずに組み上げられています。

また,特徴の一つでもあるこの大きなアーム。
広幅で厚みの有る材料を使っているのですが,前足からアーム後ろ脚にかけて一枚の板を使用している為,木目が繫がっております。

B-2用 アーム材料 木取り ウォールナット

B-2用 アーム材料


この様に,熟練した職人が専用の透明の道具を使いながらALMA SOFAのアームの材料を木取りして行きます。
選別の際に透明の道具の中に,節などが入ってしまう材料はアームには使用せず,また木目も綺麗に取れない場合もはずします。
その為,このアームに使える材料は全体の材料(同じ長さ・厚み)の中から10分の1程。
(右の写真)手前がALMAのアームに,奥は別の部分に使用します。
ご覧の通り,最優先で材料を確保される部分がALMA SOFAのアーム部分です!!

極ソファ,SERENO,3.5P,ウォールナット,無垢家具

『極ソファ SERENO』

こちらも人気モデルSERENO。
ALMAとは打って変わってすっきりとしたラインの極ソファです。

極ソファ,SERENO,orbitex,ウォールナット,リゾート家具

極ソファ,SERENO,orbitex,ウォールナット,無垢家具



横方向に一枚の板を使用しているモデル。
背面から見ると真っすぐと美しい木目が通っております。
そして,アームは4,5センチという細さのスッキリとしたアーム。
留めと呼ばれる,木と木を斜めに合わせて接合する組みをしており,強度を出すためその内部は特殊な加工をしております。
技術の有る工房だからこそ出来る難しい技法を用いています。

極ソファ,AUTHENTICITY,無垢家具,高級ソファ,リゾート家具

極ソファ,AUTHENTICITY,無垢家具,高級ソファ

立体アーム,AUTHENTICITY,無垢家具,高級ソファ,リゾート家具


『極ソファ REY』

まるで彫刻の様な立体的なアームと途中で切っている背もたれが特徴的なREY。
立体的なパーツは接合する際,調整が必要になります。
その為,より手間がかかりますが完成した際には他のフレームには無い存在感を放ちます。
一目惚れ率NO1ウッドフレームソファです!!

luxe sofa 組立の様子

luxe ソファ 治具


『組立てや材料』

ご紹介させて頂いたソファは全て,一点一点職人の手により丁寧に加工・組立てされて行きます。
普段見えていないので分かりませんが,座面下の部分まで無垢材を使っております。
無垢を使う事で,頑丈なフレームになり,傷ついてしまった時などのメンテナンスも容易になります。
写真の青い道具は『治具』と呼ばれ,家具工場には必須のアイテム。
極ソファフレームを製作する際,ガッチリと固定する為,一つずつ絶妙な力加減で固定します。

エラスティックベルト

『フレームの上には,高級ウェービングベルト』

細かな工程は省かせて頂きましたが,手作業でオイルを塗ったり研磨したりとまだまだフレームの完成まで工程が有ります。
出来上がったフレームの上には,ウェービングベルト(ソファのバネ)を張った枠が乗せられます。
座り心地を左右するとても大切な構造部分です。研究を重ね,絶妙な硬さになる様張り巡らされています。
強く引っ張って張れば硬く・あまり引っ張らずに張れば柔らかくなるものなので本当に難しそうです。。。

ちなみに,極ソファのベルトは規定の長さのウェービングベルトを20kgの力で引っ張ったところで張られています。

ゴム製のベルトですので安価な物を使ってしまうと劣化が早く耐久性に影響が出てしまいます。
見えない構造体の部分にも厳選した材料が使われております。

高密度ウレタン

ハンガリー産スモールフェザー採用


『ウレタンとスモールフェザー』

ベルトの次は,ウレタンとフェザーです。
ソファを構成する材料としてカバーを除いてはこの位でしょうか。
ふわっとした座り心地を実現しているハンガリー産スモールフェザー。耐久性の高い高密度ウレタン。
長くお使い頂く為にはこのフェザーとウレタンが重要です。

ウレタンとフェザーに対し,この表現が正しいのか分かりませんが,どちらも清潔感があり,とても綺麗です♪♪

ソファのウレタン部分やフェザーはバッグの中に入っており中々見れません。
裏を返すとどんなものを使っているか分からない物でも有ります。しかし,極ソファは自信も持ってお見せ出来る上質な素材を使用しています。

正直,見える必要は無いのですが,見えるという事はその部位ごとに交換などが出来ますのでメンテナンス面でも優れているという事が分かります。

IMG_1601

さらっとでしたが,ウッドフレームソファと製作工程,材料などをご紹介させて頂きました。
幾つもの工程を経て,手間暇かけて作られるソファは長くお使い頂ける愛着の湧く家具になります。
これから,ソファを検討される方(特にウッドフレーム)是非参考にして頂けましたら幸いです。

RAM

[hr]

RECOMMEND

極ソファ・無垢ソファ

トータルコーディネート

無垢家具フェイスブック

Share This