一枚板

天然木と暮らす ~一枚板コーディネート~

今週も一枚板展開催中のRAMショップです!

天然木家具を扱う中でも、一枚板はその素材感・個性豊かな表情をストレートに感じられるインテリアアイテムです。

今回の一枚板展のために入荷した、たくさんの板に囲まれた1階のスペース。
木目の美しさと大きさを感じていただけるよう、立てて展示しています。

一枚板




でも実際お部屋に一枚板を入れるとなると、なかなかイメージが沸かないかも。と言われる方も。
ショップでも、気になる板があればすぐに脚をセットしてテーブルの形にしています。実際立てかけてある板のイメージと、テーブルにした時は
また少し違って見えたりするものです。

どんなチェアを合わせるのか、サイズはどうか?、やっぱり使う時の目線でしっかり決めたいですよね。
一枚板でどんなコーディネートになるのか、今日はこれまでの事例を選りすぐってご紹介です!

人気のウォールナット材

ウォールナット一枚板
ウォールナット一枚板


ブラックアイアン脚とセットするコーディネートも多いので、モダンに。
素材感が違うので、立派で重厚感あるウォールナットを少し軽やかな雰囲気にしてくれます。

北欧デザインのチェアとコーディネートしているので、程よいカジュアルさと柔らかさがでますね♪

ウォールナット一枚板

こちらはショップのカウンターに!
天然の曲線がとても素敵で、シックな空間に動きをつけてくれます。
カウンターなので、脚というよりはボックスの上に一枚板を乗せた感じです。最近ではキッチンカウンターやデスクとしても
この一枚板を加工してコーディネートすることもありますが、一枚板をうまくカット・加工すれば他にはなかなかない空間が
生まれますね。

トチ

日本人には馴染みのある材種ですね。
和のイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、コーディーネート次第で楽しめる1枚。

一枚板トチ

上品で艶のある美しいトチは、濃い床材の上でも軽さが出ず、逆にその艶がより一層引き立ちます。
脚はウォールナット材で、床になじませることで、コントラストがはっきりしてお部屋のよいアクセントになるコーディネートです。

一枚板 トチ
一枚板 トチ
一枚板 トチ


こちらは同じトチの一枚板を座卓と、ダイニングテーブルにした時のそれぞれの様子。
椅子のセレクトでも雰囲気が変わりますね!
座卓の場合は床面に近くなるので、間に入れるラグの色もポイントになります。床と同じ様な色の一枚板の場合は馴染みすぎて
しまうので、写真の様に一枚板の背景を違う色でつくってあげることもおすすめです♪
・・・もちろんずっと真上から見るわけではないですが、椅子に座ったとき、離れたところから見る時も、少し異なる色と素材感が
入るとだけでその空間を引き立ててくれるはずです。

ケヤキ

ケヤキ一枚板
ケヤキ一枚板


トチ同様に昔から家具や建材として使われている材。
こちらはウォールナットの脚をセットして座卓タイプのコーディネート。

ソファ前に曲線的な一枚板が素敵です。
直線的なアイテムが多い中で、一枚板のやわらかな独特な曲線はとても魅力的にうつります。

カバ(樺)

カバ桜とも呼ばれていたりする、オレンジがかった赤みのきれいな樺材。

サクラ 一枚板
サクラ一枚板


こちらはお客様のお家で眠っていた古い材を再生してつくったテーブル。
研磨して整えると、天板の厚みにもばらつきがでて、薄いところもあったため、補強も兼ねて幕板と呼ばれるものを
天板の下にぐるりと回しています。角脚で仕上げてあるので、シンプルながらも、カバ材の良さが伝わります!

モンキーポッド

この木なんの木~♪でおなじみのモンキーポッド材。
黒と茶の木肌に水墨画の様な独特の木目が特長的。

モンキーポッド一枚板
モンキーポッド一枚板


お好みのテーブルサイズにカットして、余った部分をスツールとして活用。
同じ材で統一するとやっぱり素敵です。

いかがでしたか?
天然木との暮らしはなんだかとっても心地よく、お洒落で豊かな気がします。
毎日触れる家具だから、ずっと愛せる、一生使いたいと思えるものを選んでいきたいですね。

Share This