RAM 最新情報

伝えたい、極ソファの話

19 views
約 1 分
伝えたい、極ソファの話

2月のソファフェア 好評開催中です♪

前回のブログではカウチソファをご紹介しましたが、その魅力少しでも伝わりましたでしょうか?
2月はソファフェアなので、まだまだソファの話が続きます(笑)

極ソファの専用サイト、KIWAMI SOFA SHOP湯河原のHPも是非ご覧いただきたいのですが、RAMショップがこだわるソファについてたっぷりそれぞれのページでも語っています。
  各サイトはこちらから ➝ 極ソファ
                KIWAMI SOFA SHOP 湯河原

今日はこのブログでも少し・・・^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回どうしても価格改定に踏み切ることになりましたが、極ソファの代表的な無垢フレームソファ。
印象的なデザインと、背後から見ても美しい造りは、日本の『ものづくり』に対する想いがたっぷり込められています。

木枠ソファの木部を手掛けるのは、婚礼家具の産地でもある広島県の工房。
座り心地を決めるクッション部分は衣服縫製の産地である石川県の工場で。

極ソファ 木枠ソファ
極ソファ 木枠ソファ
極ソファ 木枠ソファ


極ソファ
極ソファ 
極ソファ 



そんなどこにも負けない確かな技術と経験を持った2つの工房のコラボレーションで極ソファは生まれました。

KIWAMI SOFA セレーノ
おしゃれ,リゾート,ナチュラル,無垢家具



インテリアやソファといった家具のデザインはイタリアをはじめとするヨーロッパ、ここ数年はデンマークなどの北欧デザインも日本のインテリアシーンでは人気があります。
海外からのインテリアの影響が多い中、気が付くことが・・・。

それは、天然木のダイニングテーブルや収納家具は海外で多く見かけるのに、上質な天然木をふんだんに使用したソファは少ないということ。
寛ぎ感はもちろん、どこから見ても美しいデザインをソファにも求め、素材を生かすということは、日本の職人技術があってこそなのかもしれません。

極ソファ
極ソファ
極ソファ


プラスして椅子は天然木にこだわり、アンティークとしてその風合いを愉しむことが多いですが、ソファはあまり聞きません。
極ソファは、永く永くお使いいただくことで刻まれる家族の想い出・歴史とともに、アンティークソファとして次世代に引き継げるソファだと思っています。
また、そうしたいと思えるようなソファをご提案し続けたいと思っています。

デザインだけでなく、座り心地だけでなく、欲張りにどちらも最高のものがいいと思うのです。

クッションやカバーはどうしても消耗することになりますが、替えカバーだけお求めいただいたり、中のクッション(ウレタン)だけを交換して、フレームはそのままに座り心地・雰囲気を
アップデートしながらお使いいただける仕様にしています。

極ソファ
極ソファ
極ソファ



クッションは細かなカスタマイズも可能に。腰痛の方用の腰サポートタイプや、ウレタンの厚みを調整したり…。
張地は約200種類から選べます。もちろんレザーにも対応しています。

極ソファ 張地 ファブリック
極ソファ 


お好みの座り心地を実現するためのこだわりと、選ぶ楽しさを忘れずに^^

究極のこだわり=究極のソファ だから 『極ソファ』

たくさんの方に永く愛されてお使いいただけるように、RAMショップ・系列ショップのKIWAMI SOFA SHOP 湯河原店では、多数のモデルを展示してその座り心地をたっぷりお試し
いただいてお選びいただけます。是非、ショップにてお確かめくださいませ。
今週末もお待ちしています♪