CH88 AI

ハンス・J・ウェグナーの新作チェアー
ついに登場です。

「木材とスチールの絶妙なコンビネーション」

木製の家具、とりわけ曲木を使った家具の製作で知られたハンス・J・ウェグナー。
彼がデザインし1955年、スウェーデンのヘルシンボリで開催されたデザイン博「H55」に出展されたプロトタイプ。
ハンス・J・ウェグナーの生誕100年を記念し、約60年の時を経て製品として製作されたのがCH88です。

木材に限らず様々な素材を用いて製作に取り組んだハンス・J・ウェグナー。
CH88は天然素材である木材と工業素材であるスチールを組合せて製作されており、素材に対するハンス・J・ウェグナーの造詣の深さを窺い知ることができますね。
また天然素材と工業素材のコンビネーションは多種多様な空間や用途にしっかりとハマる使い勝手の良さも特筆すべきところです。

CH88 1

曲木技術を応用し製作されたバックレスト部分。
ゆったりとしたカーブを描きしっかりと体を支えてくれます。

CH88 4

CH88 3

バックレストから繫がるアーム部分は、まるでバッファローの角のように先端が跳ね上がっており、ゆったりとくつろいだ姿勢で肘を乗せたときしっかりと支えてくれます。

CH88 2

CH88 8

CH88 10

バックレスト及び座面部分はカラーリングにより様々な色をお選び頂くことができます。
CH88 7

座面は板座だけではなく、ファブリック、レザーからもお選び頂けます。
CH88 9

オーク材のダイニングテーブルにセットしてみました。
スチールの脚がナチュラルな空間に程よいアクセントを与えており、カッコよさと優しさが共存する組み合わせですね。
CH88 12

友人やご家族が集まるシーン。
それ以外の普段は少人数で使うだけ。
そんな時スペースを取らないよう、できればカッコよく置いておきたい
そんなお声をよく聞きます。
CH88はスタッキング(重ねておくこと)が可能なのです。
そして何といってもそのカッコイイフォルムはスタッキングしてもサマになるのです。

CH88 15

CH88 14

CH88 6


曲木技術により生み出された曲線美ともいうべきそのフォルム。


天然素材と工業素材により生み出される、オーガニックでありながらどこか工業的な印象のチェア。

ハンス・J・ウェグナーが追求した、オーガニックな自然の柔らかさと温かさを持ち、形態や色彩を最小限度まで突き詰めた、デザインの本質とも言えるチェアです。

[hr]

追記 / 2014.08.23 CH88キャンペーン

CH88キャンペーン

CH88キャンペーン

期間中、5脚ご購入の方に、1脚プレゼント!!
開催期間は2014年12月25日(木)17:00までとなります。

仕様は自由にお選びいただけまして、その中の最もお値段がお高い仕様のCH88を対象とさせていただきます。

ハンスJウェグナーの生誕100周年記念特別フェアとなりますので
是非この機会にご検討下さい!またとないチャンスです!!

詳しくはお問い合わせ下さい。

Share This