geppo アイキャッチ

昨日のブログに引き続き、
来年で創業70年を迎える飛騨高山の老舗メーカーで造られる『geppo』シリーズから、
本日はチェアをご紹介させて頂きます。
ダイニングテーブルは昨日ご紹介させていただきました。こちらをご覧下さい。

シードチェア

geppoの名前の由来である日進月歩とは、
『時と共に絶えることなく進展し、発展していくこと』
を意味しています。

そんな名前が付けられたこちらの椅子は、
時間が経過してもずっと使って頂けるデザイン・機能性を心がけ造られています。

チェア サイド

チェア 斜め後ろから


ー 曲げ木を用いた美しい背 ー

曲げ木

geppo 背

美しいカーブを描く背は、曲げ木技術を用いて造られます。
曲げ木は飛騨高山が得意とする伝統技術です。
曲げ木の背は、木目が通っていて美しいだけではなく、木の脈も通っているため強度が高くなります。
また、背中にピッタリとフィットするよう板の厚みや角度など計算されている背は、
ゆったりと寛ぐことができます。


ー 座る人の事を考えて ー

geppo チェア

そして、背もたれがそのまま肘掛けになったアームのデザインは、
フィンガージョイントになっています。
フェンガージョイントにする事で、接続面が多くなり強度が高くなります。
geppoチェアはスッキリしたデザインですが、とても丈夫な椅子なんです。

また、アームのデザインは美しさだけではなく、立ち上がりがしやすいよう掴みやすい形になっています。
時を重ねシルバー世代になった時にも変わらずに愛用して欲しいという想いから完成したデザインです。

座面の秘密②

座面裏の秘密

座の部分も椅子を引く時に手がかけやすいように、カーブをつけています。
こちらの座面は裏側のネジをはずして事で、約2㎝奥行きが変えられるようになっています。
座る方の体型によって奥行きを変更したり、お子様が成長しても体格に合せて変更できるように工夫がされています。

椅子は、毎日使って直接身体に触れるものだから、デザインだけでなく使い心地にもこだわりたいですよね。

20年、30年先も使って頂ける家具を目指してるからこそ、
細かい部分まで妥協する事なく造られたgeppoチェア。
デザインはシンプルで無駄がなく、軽くて、丈夫で、座りやすい、
本当に永くご愛用頂ける椅子だと思います。

当店でも人気のgeppoチェアは張地のバリエーションも豊富です。
家族ひとりひとりが好きな色を選んだり楽しみ方も色々です。

geppo ダイニングテーブル

チェア グレー

チェア ブラウン


ROOM ART MATSUI では、geppoシリーズのダイニングを展示しております。
8月31日まで、LAST SUMMER SALEを開催しております。
この機会に是非ご来店下さいませ。

Share This