scroll me

EURO DESIGN FAIR

ユーロデザイン展 &
USMハラーフェア

2019.08.03.sat ~ 08.26.mon
  • HOME
  •  > 
  • EVENT


ヨーロッパの暮らしから学ぶ家づくり
家具で決まる、理想の住まいのカタチをご提案いたします。

2019年8月3日(土)から8月26日(月)まで期間限定の「ユーロデザイン展 × USMハラー・デザイン収納家具フェア 」を開催いたします!
この機会にヨーロッパのデザイン家具に触れながら、本当の家づくりについて一番大切なポイントをお伝えできればと思います。
現在、ご新築やリフォーム、お引越しの方、家づくりは「家具」で居心地の良さが決まります。
今一度、間取りから、そして家具を、見直してみてはいかがでしょうか?皆様のご来店を心よりお待ちしております。
Privilege
Contents
『 特典内容 』
  • 1.
  • 展示ユーロデザイン家具が特別価格!
    限定展示のすべての家具を特別価格にてご対応いたします!
  • 2.
  • USMハラーが特別展示
    スイスのデザイン収納家具が期間限定にてご覧いただけます!
  • 3.
  • USM限定ノベルティプレゼント!
    RAM期間中、USMハラーをご購入いただきました方限定となります!
  • 4.
  • 早い者勝ち現品アウトレット
    ユーロデザイン展の一部の展示現品が大変お買い得!
上記フェア内容でご購入の場合、お現金のみのお取り扱いとさせていただきます。
※現品をご購入いただいた場合はフェア終了までの展示を予めご了承ください。

Section 1
ユーロデザイン家具のご紹介

北欧の名作家具、スイスのデザイン収納家具、デンマークソファ、ヨーロッパファブリックス

1.北欧を代表する名作家具!

YチェアことCh24チェアをはじめ、北欧の名作が並びます。
お気に入りのマイチェアとして、普遍的なデザインをご堪能ください。

2.スイスのデザイン収納、USMハラー!

スイスのデザイン収納家具が「USMハラー」が期間限定にて特別展示いたします。
通常展示されているものと違う組み合わせをご覧いただけます。

3.生活を彩るベルギー製のデザインラグ!

当店オリジナルブランドより、orbitexのベルギーラグも参戦させていただきます。
ヨーロッパの暮らしに欠かせないカラー、生活に彩りを与えます。

4.デンマークデザインソファ、WENDELBO!

創業約60年となる老舗ブランド「 WENDELBO - ヴェネルボ 」。
デンマークの伝統とクオリティを継承しつつ、現在デザインに昇華したソファブランド。

Section 2
ヨーロッパの暮らしから学ぶ家づくり

家具からはじめる家づくりで「最短距離の豊かな暮らし」
  • まず、家を建てようと思った時に何から考えますか?

    おしゃれな外観、広い庭、大きなキッチンなど、様々な思いと理想があるかと思います。その理想を叶えようと色々な雑誌やインターネットで建築情報を調べ、気が付いたら、とんでもない金額の見積もりとなってしまったり、窓をできるだけ多く設け開放的で光がたくさん入る部屋にしたはいいが、家具の配置に困っている。また、建物のデザイン性を重視し過ぎた為、いざ住むとなると、おしゃれだけど居心地がなんだか悪く、家具の配置もバランスが、、、などなど、そんな話をよく聞きます。


    『 では、家を建てる時、何から考えたら良いのでしょうか? 』

  • ヨーロッパの人々が大切にしている住まい
    家具から考える家づくり

  • ヨーロッパでは歴史ある街並みが多い為、建物の建て直しや改築はできず、中身の家具、インテリアを変える事で新たな空間作りを楽しみながら暮らしています。また、日照時間の短い北欧では室内で過ごす時間が長いからこそ、長く愛用でき機能性とデザイン性にもこだわった暮らしを豊かにするインテリアを大切にしています。
    その為、日本の3倍もの時間をかけ、家具を中心として「どんな空間がいいか」、「どんな暮らしをしたいか」、家での心地良い過ごし方をベースに家具から始まる家づくりをしています。

    そして、ヨーロッパの家具は、どれも暮らしから生まれた普遍的なデザインと機能美の結晶体。使う度に楽しく快適で、触るたびに上質な素材を感じる。そんな本場ヨーロッパの家具を見ながら、是非、“理想の住まい”について考えて見ませんか?
  • 内外装よりも、家具が重要。
    家具から考える家づくりのメリット

  • ①最適な間取り

    家具から考える事により、実は生活をするのに最適な間取りを手にすることが可能です。戸建やリフォームの場合は、お気に入りのソファの大きさに合わせてリビングを、ソファを大きくする代わりにダイニングはコンパクト設計に。また、窓の大きさや位置は悩むところですが、そこに置く家具の高さが決まっていれば、自然と窓の高さや位置が決まっていきますよね?
    逆に分譲マンションや既に間取りが決まってしまっている場合は、「置きたい家具を中心に最適な間取りを選ぶ」という選択肢があります。新居を探す際にお部屋の数や広さなどが先行してしまいますが、家具を中心に考えた時、想定より狭い間取りでも家具により快適に暮らせる方法がたくさんございます。
    置きたい家具に合わせて
    間取り設計
    もしくは、家具基準で
    間取りを選ぶ
  • ②最適な照明計画

    よくお客様からお聞きするのが、照明をどこにつけて良いか分からない、というもの。それも当然、家具の位置を考えられていない間取りでは、おおよその位置でしか設定されておらず、必ずと言っていい程にダイニングテーブルの真下に照明を設置することは出来ません。また、使いたいところにコンセントがなかったり、スイッチが邪魔だったり、家具の配置による照明計画であれば、そのようなことはございません。適切な位置に、そして適切な明るさで、照明計画一つで生活の過ごし方が変わり、快適な生活を送ることが可能です。
    置きたい家具に合わせて
    照明計画
  • ③建築費の削減

    一番のメリットは建築費の削減です。床、壁、天井など、内装材にこだわっていくと、どんどん建築費が上がっていきます。ただ、せっかくの新築やリフォームでこだわりたくなってしまうのも分かります。ですが、前述した通り、実際に過ごして心地良さが決まってくるのは、家具やインテリアにあります。例えば、壁を彩るアート、床に素材感を出すラグ、空間の表情を変える照明、そして、お気に入りのソファとダイニング、、、このように家具・インテリアによって内装材をカバーしていけば、建築費は抑えられ、さらに削減した予算で理想の家具・インテリアを手に入れいることが可能です。
    内装材を
    家具・インテリアで考える
page
top